社員インタビュー

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 薬剤師:脇山&宮浦(2014年入社&2018年再入社)

薬剤師

薬剤師:脇山&宮浦(2014年入社&2018年再入社)

― 普段はどんなお仕事をしていますか?
脇山:
通常の調剤業務以外にも、この薬局が在宅専門の薬局なので患者さんの施設やご自宅に行き、服薬指導やお薬のセット、あとは患者さんのご家族とお話をしたりしております。

宮浦:
施設に入居されている患者様やご自宅で病気療養されている患者様が間違いなくお薬を服用できるように、1回分ずつ袋に詰める一包化という作業を、主にやらせていただいております。
― どんなところにやりがいを感じますか?
脇山:
患者さんのご自宅に行き、喜びや悩み、そういうことを共有することで、患者さんに深く入っていけるということがやりがいになっております。

宮浦:
在宅医療は調剤薬局と違って、病気の治療というよりも患者様本人とか患者様家族と向き合える医療だと思っております。その医療に微力ながら携われていることがとてもやりがいを感じているところであります。
― 入社されたのはいつですか?
脇山:
入社したのは2014年の2月です。

宮浦:
私が入社したのは1994年の4月です。その後一度2006年の1月に退職しまして、2018年11月もう一度こちらに戻って仕事を始めています。
― セイコーメディカルブレーンを選んだキッカケは何でしたか?
脇山:
この会社に入る前に正直いろいろな会社の面接を受けたりしましたが、そのとき岩井堂社長から、こんなに大きな薬局でも今はまだ発展途上でこれからどんどんどんどん大きくなっていく、その中で力を貸してほしいと言われ、その社長の意気込みに惚れてこの会社に入ることを選びました。

宮浦:
学生のころから岩井堂社長とは知り合いで、声をかけていただきまして。いろいろお話を聞かせていただく中で地域密着で医療されているということと、普段の社長の人柄に惹かれまして入社を決意いたしました。
― 実際に入社してみていかがでしたか?
脇山:
私は中途採用なので、中途採用になると会社の中でもどう扱っていただけるかわからなかったんですけれども、この会社に入って中途採用とか関係なく、すごく優しく温かく見守っていただきました。そういうところに感動してこれからも一緒に頑張っていこうと思えるようになりました。

宮浦:
新卒で入社してから12年間働かせていただきましたが、最初の6年間は先輩の下で勤務薬剤師として、それからの6年間は管理薬剤師としてお仕事させていただいておりました。その中で周りの方にも本当に良くしていただき、困ったことには助言・アドバイスいろいろ本当に助けてもらいましたので、とても仕事はしやすかったと思っております。一度結婚退職しているんですけれども、退職してからも戻ってきたときは、ご飯に誘っていただいたりとかとても温かく接していただいておりまして、本当にこの会社で仕事ができて良かったなと思っておりました。
― 辞めたいと思ってことはありますか?
脇山:
在宅業務は、なかなか土日に休むことができないことが多くなっていたので、自分の時間というのがなかなか取れずに苦しんでいた時期がありました。
― どうやって乗り越えましたか?
脇山:
最初は在宅業務を1人でやっていたので、なかなか自分の時間を取れずにいましたが、今はそのことを相談して宮浦さんだったり他の薬剤師のスタッフを入れていただいたことで業務を効率化でき、現在はだいぶ自分の時間を取れるようになりました。
― 辞めたいと思ったことはありますか?
宮浦:
同じ薬局で長く仕事をするようになると、毎日同じ作業の繰り返しであることが多くなってしまい、このままで自分は成長していけるのかなと不安に思ってしまうことは正直ありました。
― どうやって乗り越えましたか?
宮浦:
成長できないのをその置かれた環境のせいにするのではなくて、じゃあどうやったら自分が成長できるのかなって考えたときに、医師会の勉強会であったり薬剤師会の勉強会であったり、それらへ積極的に参加することで乗り越えることができました。
― 働きやすさや福利厚生はいかがですか?
脇山:
私自身有休が取りにくかった状況を、改善してもらえるよう会社の方々がいろいろと配慮していただいたことによって、今有給が取れるような状況にもなり、とても風通しの良いいろんな意見を聞いてくださる会社だなと思いました。

宮浦:
パートで再就職するにあたり、子育て中であることを会社のほうに考慮してもらい、勤務時間であるとか勤務する薬局であるとかを選んで、私自身とても不安なものが全くないような状態で今働かせていただいており、とても感謝しております。有休も入った日から取ることができるので、子供の急な病気などにも対応できるので、とても助かっております。
― 帰宅後や休日は充実していますか?
脇山:
土曜日の半日休みと日祝日が休みになっておりますので、家族とドライブに行ったりスポーツ観戦に行ったりしております。

宮浦:
今は月曜日から金曜日の1時までということでパート勤務させていただいておりますが、残業もほぼなく毎日定時に上がれることが多いので、帰宅してから子供たちが帰ってくるまでの間は自分の時間を過ごすことができ、子供たちが帰ってきてからもゆっくり勉強を見てあげたりとか家事をする時間があるので、とても充実した日々を過ごしております。
― これから応募される方へ伝えたいこと
脇山:
私自身この会社の中にたくさんの友人を作ることができました。そのとき抱えていた悩みや苦しみを相談することで、いい仲間がたくさんできたと思っております。今後そういう仲間をどんどん増やしていき、みなさんと力を合わせて頑張っていきたいと思っておりますので、ぜひ応募してみてください。

宮浦:
私はこの会社を結婚退職してから地元に戻ってきてまた再就職するまでの間に、大手ドラッグストア・大手調剤薬局でパートとして働いた経験があります。その中で感じたことは、大手には大手の良さがあるんですけれども、個人の意見が言いにくい雰囲気があるなと思いました。その点この会社は下からの意見を拾い上げてくれることが多いので、自分たちの力で会社を良くしていこうというやりがいを持って働ける会社ではないかなと思っております。
― 最後にメッセージをどうぞ
脇山:
チャレンジしたいことがあれば全力でサポートしてくれる会社ですし、

宮浦:
社員同士の距離が近く、とてもアットホームな会社ですので、

脇山&宮浦:
ぜひ一緒に働きましょう!